弁護士相談は救世主~メニートラブル解決ヒント~

スーツ

遺産分割

遺産の権利

シニア

亡くなった親が残した財産を兄弟で相続することになるケースがよくあります。そのような場合、もしも遺言書が残されているのであれば、その遺言書に書かれている内容にしたがって遺産を分け合うことになるのが原則です。ただし、遺言書が残されていない場合は、遺産分割協議を行って、兄弟間でどうやって遺産を分けるかを話し合うことになります。その場合、協議がまとまるまでの間は、法定相続分にしたがった持分で兄弟が財産を共有しているとみなされることになっています。ただし、時折、兄弟のどちらか一方が遺産を独り占めしてしまうことがあります。もしも不動産の名義を勝手に移転されてしまっていたとしても、もう一方の相続人が申し立てれば、自分の持分を返してもらうことができます。しかし、事情を知らない第三者に既に転売され、所有名義も変更されてしまっている場合は、面倒なことになってしまいます。ですので、大阪に住んでいる人がそのような状況に陥って困っている場合は、一刻も早く弁護士に相談してみることをおすすめします。

遺産を取り戻す方法とは

先程のように、一部の相続人が親が残した不動産を勝手に自分1人の名義に変えてしまっているような場合でも、日本では登記に公信力が認められていませんので、誤った登記として修正することができます。ただし、既に第三者に転売されている場合は、対抗力の問題が出てきます。ですので、先程も述べたように、大阪にお住まいの方が自分の分の遺産を取り戻したいと考えているのであれば、早急に弁護士の手を借りるようにした方がよいです。幸いなことに、大阪には相続トラブルに強い弁護士がたくさんいますので、大阪に住んでいる人であればすぐに良い弁護士を見つけ出すことができます。ちなみに、とても不公平な内容の遺言書が残されていて、その内容に納得することができないような場合でも、弁護士に相談すれば、遺留分減殺請求の手続きを取ってもらうことができます。